九州北部豪雨支援物資お届け完了と御礼

九州北部豪雨で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

朝倉でも、10名以上の方がお亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

大牟田商工会議所青年部では、7日の朝に、支援物資協力の依頼を掛けさせていただきました。

8日の夕方には、朝倉まで届けるということで、短い期間にもかかわらず、板床会頭はじめ、青年部メンバーには

お忙しいところ、迅速に支援物資を届けて頂きまして、誠にありがとうございました。

       

8日の15時30分より、車二台に支援物資を積み込み、井形専務、林田委員長、会議所職員の柿原君と朝倉に支援物資を届けに行ってきました。

朝倉まで、渋滞もなくスムーズに到着。

支援物資受付場所の朝倉市甘木体育センターに到着。

    

    

17時過ぎに到着したのですが、地元の中学生ボランティアが、先生たちと一緒になり、笑顔で支援物資を手際よく運んでくれたので、車2台分の荷物もあっという間に

降ろし終えることが出来ました。お手伝いいただいた、皆様、ありがとうございました。

5年前、昨年、今年と被災地へのお手伝い、支援物資のお届けと行っておりますが、毎回、感じるのが地元の中高生が、一生懸命に自分たちでも出来ることを

やっていこうという気持ちが伝わってくるということです。

今回も、多分17時で、中学生のボランティアは終わりだったにもかかわらず、「まだ、やれます」と続々と届く支援物資を運んでくれてました。

本当に頭が下がります。

 

その後、朝倉YEGのメンバーが支援物資の受付しているピーポート甘木に向かいました。

  

市街地は、通常通りに動いてたので、このピーポート甘木も浸水してたと聞き、ビックリしました。

朝倉YEG 平田会長はじめメンバーの皆様、疲れも溜まって来てる時期だとは思いますが、十分体には留意され、活動ください。

大牟田YEGも微力ながらご協力させて頂ければと思います。

今回、支援物資、義援金を頂いた、皆様本当に感謝いたします。

まだまだ、復興にはかなりの時間が掛かるものと思われます。

皆様方には、いろいろな形でお願い、協力要請があるかとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

『絆』~人と人との繋がりを大切に~

 

 

 


PAGE TOP