平成30年度9月例会報告書

9月9日、ホテルニューガイア・オームタガーデンにて、YEGメンバー間の交流を深め、メンバー各自のビジネスに役立つ例会・懇親会にすることを目的に、大牟田商工会議所青年部平成30年度9月例会を開催致しました。多数ご参加いただき、有難うございました。大牟田市動物園を舞台に製作される映画「僕のケモノート(仮題)」の監督、瀬木直貴氏を講師に迎え、「地域と映画がwin-winの関係になれる映画作り」をテーマに講演していただきました。

講演では、瀬木監督は映画を製作される時、オリジナルのストーリーをつくり、オール地方ロケがモットーで、実際にそのまちに住み、土地の人と交流してオリジナルストーリーを考えることや、映画づくりを核とした展開の波及効果について、①外からの視点の導入②記録・記憶的な価値③人材ネットワークの構築④地域アイデンティティーの再構築の4点を挙げ、これらは映画製作に必要なことであり、まちづくりにも通じるという話や、これまで製作した作品の「カラアゲ★USA」や「恋のしずく」での社会的、文化的、経済的な効果について話していただきました。

瀬木監督には、例会後の懇親会、更に二次会とお付合いいただき、懇親会では、ジャー坊のPRタイムの後、瀬木監督が四日市市の観光大使なので、四日市市のゆるキャラ「こにゅうどうくん」を応援する立場ですが・・・の話や公開オーディションの様子を再現していただいたり、メンバーと交流をしていただきました。とても楽しく有意義な時間を過ごすことが出来たと思います。瀬木監督、本当に有難うございました。

地域のより多くの方が携わり、映画製作を盛り上げることで、よりよい映画製作に結びつき、その成果が、地域活性化や地域振興だったり、映画の興行収入の増加等のメリットをもたらすと思いました。

YEGの各事業においても、より多くのメンバーが携わり、盛り上げ、成功させることで、更に交流が深まり、活性化され、各自事業のメリットに結びつくと思います。

最後に「僕のケモノート(仮題)」製作で大牟田が盛り上がり、映画が大盛況となることをお祈りいたします。皆様ご協力有難うございました。

ビジネス交流委員会委員長 原口英之


PAGE TOP