Don’t think, feel ~心動かせ!~

令和2 年度スローガン

「私はYEGとして、夢に挑む」 YEG宣言の最初の一文です。このことに尽きると感じています。

商工会議所部会員は、研鑽と交流を通じて、起業家精神をより一層高め、大きく成⾧しなければならない。一人一人のYEGは、自らの企業の発展を原点として、さらに地域社会への貢献を考える。

大牟田商工会議所青年部という出逢いがあったおかげで、共に活動できる会員全てが、仕事や家庭、人間力や精神面においても自らが成⾧すれば、地域社会への貢献を考えることが出来ると思います。
そんな理想を語るうえで、欠かせないのは人財です。すべては“ひと”なのです。“人は人で磨かれる”聞きなれた言葉ですが、大牟田YEGには自分を磨いてくれる沢山の魅力的な仲間が沢山います。令和2 年はひとづくりから夢に挑んでいきます。
7 年目を迎え、継続事業として実績のある「新銀座夜市」「婚活事業」、そして今後を担っていける事業展開、県連を越えた近隣単会との交流など、視野を広げる時期を迎えていると感じています。YEGというスケールメリットを生かすことで、仕事やひととの繋がりも無限に広がります。委員会のみならず、室⾧を中心とした会議体を通して、これからの大牟田YEGを見つめ直すことが必要です。5年後には、福岡県連会⾧を輩出し、福岡県連大会を主管しなければなりません。準備を怠らず、様々な経験・体験を積み上げることで、大牟田YEGの発展に繋がるいいきっかけとして捉え、会員一人ひとりが他人事ではなく自分の事として感じ、まずは参加することから始めましょう。最後に、Don’t think, feel ~心動かせ!~というスローガンには、自分に置き換えてみれば、仕事・YEGでも表面的ではなく心動かせられるひとを感じ、選び、他人から見られた場合には心動かされるひととして選ばれる、そんな魅力あふれる個人・団体になりたいという意味を込めています。自社企業を発展させ、人間力溢れる、魅力溢れる仲間と共に令和2年度で大牟田YEGの歴史の1ページを刻みましょう。出逢いは偶然ではなく必然だと思います。大牟田YEGでのご縁を感じ、楽しみながら共に活動してまいりましょう。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

「私はYEGとして、夢に挑む」 YEG宣言の最初の一文です。このことに尽きると感じています。

商工会議所部会員は、研鑽と交流を通じて、起業家精神をより一層高め、大きく成⾧しなければならない。一人一人のYEGは、自らの企業の発展を原点として、さらに地域社会への貢献を考える。

大牟田商工会議所青年部という出逢いがあったおかげで、共に活動できる会員全てが、仕事や家庭、人間力や精神面においても自らが成⾧すれば、地域社会への貢献を考えることが出来ると思います。
そんな理想を語るうえで、欠かせないのは人財です。すべては“ひと”なのです。“人は人で磨かれる”聞きなれた言葉ですが、大牟田YEGには自分を磨いてくれる沢山の魅力的な仲間が沢山います。令和2 年はひとづくりから夢に挑んでいきます。
7 年目を迎え、継続事業として実績のある「新銀座夜市」「婚活事業」、そして今後を担っていける事業展開、県連を越えた近隣単会との交流など、視野を広げる時期を迎えていると感じています。YEGというスケールメリットを生かすことで、仕事やひととの繋がりも無限に広がります。委員会のみならず、室⾧を中心とした会議体を通して、これからの大牟田YEGを見つめ直すことが必要です。5年後には、福岡県連会⾧を輩出し、福岡県連大会を主管しなければなりません。準備を怠らず、様々な経験・体験を積み上げることで、大牟田YEGの発展に繋がるいいきっかけとして捉え、会員一人ひとりが他人事ではなく自分の事として感じ、まずは参加することから始めましょう。最後に、Don’t think, feel ~心動かせ!~というスローガンには、自分に置き換えてみれば、仕事・YEGでも表面的ではなく心動かせられるひとを感じ、選び、他人から見られた場合には心動かされるひととして選ばれる、そんな魅力あふれる個人・団体になりたいという意味を込めています。自社企業を発展させ、人間力溢れる、魅力溢れる仲間と共に令和2年度で大牟田YEGの歴史の1ページを刻みましょう。出逢いは偶然ではなく必然だと思います。大牟田YEGでのご縁を感じ、楽しみながら共に活動してまいりましょう。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。